インプット&アウトプットのバランス

(この記事は2012年2月24日に発行したメルマガを加筆訂正を加えたものです)
情報化社会といわれる通り、今はたくさんの情報がパソコンのキーボードを叩くだけで手元にすぐ届く時代になりました。
本屋や図書館に行けば、自分が知りたい内容の書籍や雑誌を大抵見つけることができます。
セミナーも各種行われており、その道のプロに直接話を聞く機会もあるでしょう。
そうして、私たちは気付けば山のような情報に溺れかけている自分を発見するかもしれません。
なぜならインプットには限界があるのです。
インプットばかりしてアウトプットを十分に行わないでいると、私たちのものごとを吸収する容量がパンクしてしまうのです。
食べ物を口に入れたら消化&排泄活動が必要なように、インプットされた知識や情報もきちんと処理されアウトプットされる必要があります。
アウトプットはどんな形でもいいのです。
ただ、その中でも一番効果的なのが、友人、家族、仕事仲間に話したり、ブログに書くといった「人に伝える」というアウトプットです。
なぜならそのアウトプットを通じて、人の役に立つ、人の幸せに貢献することが出来るからです。

そんなアウトプットを心がけているとインプットの吸収力もグンと桁違いにアップします。
インプットしたものを人に伝える、つまりアウトプットをするためには、内容をしっかり吸収し、理解し、時にはそれを実践し体験を得る必要もあります。
ですからアウトプットを意識したインプットはあなたを磨く、あなたの人間的レベルを上げていく最高の味方になるのです。
あなたが笑い、相手も笑い、みんなも笑う。
あなたが幸せで、相手を幸せにし、その幸せがみんなを幸せにする。
今日も笑顔いっぱい幸せの種をばらまこう!

そしてあなたにあらゆる素敵なことがなだれのように降り注ぎますように!

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit