気合いを入れる

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
先日、スポーツ選手は大きな声を出すことにより、脳のリミッターを外すという話を聞きました。
確かに、ウェイトリフティング、砲丸投げ、テニスなど、瞬間的に最大限の筋力を発揮しなくてはならないスポーツにおいて、選手が「大きな声を出す」光景をよく目にします。

私たちの脳は、本来の10%以下ほどしか、その能力を使っていないと言われます。
ですから、人間の筋力にしても、恐らくもともと持っている力の半分も出ていないのかもしれません。
ただ筋力に関しては、常に100%の力が出ていたら危険きわまりないため、または、緊急事態に対応出来ないため、脳がその力を抑制しているとも言われます。
例えば、車の下敷きになった子供を救うために、母親が車を持ち上げてしまうというような「火事場の馬鹿力」は、まさしく緊急事態に対応するため、脳のリミッターが外れた事例です。
「大きな声を出す」ことには、もう1つ大事な役割があります。
それは「気合い」を入れるということです。

「気合い」とはその言葉通り、「気を合わせる」ことを指します。
では何と気を合わせるのかというと、本来の自分と気を合わせるのです。

「本来の自分=潜在意識」と言い換えることもできますが、私たちが気合いを入れるとき、この本来の自分が持っている意識や力と、気(エネルギーの波長)を合わせることで、私たちは実力以上の力を発揮するのです。
皆さんも、過去にそんな体験をされたことがあると思います。
私自身の体験でいえば、小学校のとき大きな珠算大会に参加したときのことがいつも思い出されます。
今まで長い練習を積んでいたときには絶対出せなかった高スコアが、大会で初めて取れて、銀賞をいただきました。
これには私自身とってもビックリしたのですが、今思えば、あれが「気合い」が入ると起こる現象だったのだなと思います。
ですから、本番に強い人というのは、この本来の自分と「気を合わせる」ことが上手な人なのだと思います。
自分の力(潜在能力)を疑わず、その力が必要なときには発揮されることを信じて、気(エネルギー)を、本来の自分のそれと合わせる。
それを行うために、自分に対してかける言葉は以下のような肯定的なものです。
「大丈夫、きっと大丈夫」
「全てはうまくいっている」
「私の実力はたかが知れてるけど、私の潜在能力はスゴいんです!(笑)」
などなど

要は、自分の気持ちが軽く明るい方向に向かうものであれば何でもいいのです。
なぜなら、「本来の自分」は高いエネルギーを持っているので、それと「気を合わせる」ためには、自分の気持ちを少しでも軽く明るい方へ向けて、ポジティブなエネルギーへと自分を引き上げていく必要があるからです。
皆さんが自分の力を存分に発揮する必要がある場面で、意識して「気合い」を入れてみてください。
必ずしも大きな声を出す必要はありませんが(笑)、「よし、いくぞ!」という気持ちをしっかり合わせること。
これだけで驚くようなミラクルが起こるはずですから!
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!
山口 まみ拝
追伸、
今日はこの後、テレビのディレクターとの打ち合わせが入っています。6月に扱う内容に関する事前打ち合わせです。深い内容を短い時間にぎゅっと凝縮し、かつ、それをビジュアルで見せることが大切なテレビの世界。私にとっては、普段使わない思考回路を使う良い機会です。では、「よし、いくぞ!」で顔晴ってきます!

新刊『隠れネガティブを解消する本: あと一歩、踏み出せる自分に変わる』(三笠書房)
全国書店&アマゾンにて好評発売中!
★☆心理学博士が教える幸せマインド育成コース(2015)★☆
~マインドの力を育成し、最幸の人生を創造する~
<前期>(7月~9月、全3回)
A: 輝く自分を引き出す「最高の自分磨き」ブラッシュマインド講座
B:「強運引き寄せ体質」に変わるシークレットマインド講座
☆★ 最幸の結婚生活を実現するパートナーシップ講座★☆
~世界で1つしかない「私たち2人の幸せのカタチ」を築き上げよう~
2015/9月開講予定 10:00~
*日程等の詳細が決まり次第、お知らせします。お楽しみに!
☆★☆講演、執筆、セミナーのご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit