small talkという偉大なスキル

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。
 
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
皆さんは、conversationalistという言葉を聞いたことがありますか?
これは「知的でしかも人を楽しませる話の出来る人」と定義されています。
conversationalistになるには、small talkという世間話や雑談が、何なく誰とでも出来ることが条件としてあげられます。
相手の年齢、性別、人種、職業、経歴、宗教に関係なく、初めて会った人とでも、このsmall talkが出来る人は、それだけで人生を豊かにするスキルを身につけていることになります。
なぜなら、そのsmall talk が展開していく過程で、相手の思わぬ面を発見したり、相手のことを深く理解したりする機会を与えられるからです。
small talkは「小さなこと(small)が大きな(big)違いを生む」という何よりの証拠を示してくれています。
では、そのsmall talkのスキルをどう高めていくか?
まずこのスキルを磨く上で大切なのは「心構え」です。
「この人のことを知りたい」という純粋な好奇心を相手に対して持つことです。
なぜなら、この「心構え」があるかないかで、あなたの口から出てくる質問の内容が大きく変わってくるからです。
例えば、「食べ物」をトピックに考えてみましょう。
食べ物に関する『悪い』質問の例は「あなたの大好きな食べ物は何ですか?」というものです。
なぜなら、これは相手のことを知る上で、あまり参考になりません。
本気で相手のことを知りたいという思いがあれば、それはこんな質問に変わります。
「食べ物に関して、あなたの中で一番記憶に残っている思い出は何ですか?」
試しに、身近な人にこの質問を投げかけてみてください。
その答えは相手の生い立ちや家族、ペットのこと、学生時代、恋愛の思い出などを含むかもしれず、あなたが思いもかけなかったような事柄へと話の内容は展開していくはずです。
そうして、あなたは知るのです。
相手も自分と同じように、時には傷つき、時には悲しみ、時には喜び、時には笑い、豊かな人生経験と奥深い人間性を秘めた存在であるということを。
small talkは単にその場しのぎでやる雑談ではありません。
それは、相手への共感と理解を通じて、あなたと相手が深いところでつながるためにやるのです。
あなたの世界を無限に広げてくれるsmall talkというスキル。
“small”(ささやかなこと)だと侮らずに、しっかり学び身につけていきたいものですね。
山口まみ拝
追伸、
small talkに関するMinister Faust の素晴らしいTED talk プレゼンテーションを見ました。ご興味ある方はこちらから動画をご覧いただけます。

★心理学博士が教えるHappyカフェセミナー in 熊本★
9月は執筆活動に専念するためお休みとさせていただきます。
次回は10月末の開催となります。
詳細が決まり次第、こちらでもご案内しますね。お楽しみに!
★☆プロのネイティブ講師による英語コーチング★☆
~朝&昼の時間を有効活用して英語をマスターしよう!~
①朝活英語コーチング 7月23日(水)6:30~8:00
②昼活英語コーチング 8月7日(木)10:30~12:00
英語コーチングの詳細はこちらからご覧いただけます。
☆★☆出張講座・研修・講演のご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit