“wait and see”(待ってみる)アプローチ

pan-xiaozhen-423533

皆さん、こんにちは。
ポジティブ心理学博士の山口まみです。

==========================
出版記念トークイベント『あざとかわいい愛され術』
12月17日(日)10:30-12:00
*男性のご参加も大歓迎です
パートナー同伴でご参加の方には特別プレゼント!
==========================

前回の記事では、『小言はおおごと』をお届けしました。

今回はその続きで、小言を極力言わないで済む心理的アプローチについてお話したいと思います。

私たちは相手に対して「こうあって欲しい」「こう振る舞ってほしい」という期待と欲求を持っています。

そして、その期待に相手を沿わせようとして、余計な小言が口をついて出るということが多々あります。

けれども、人間は誰しも英語でautonomyと言われる
「自主性、自律性」というものを持っています。

それは人に何かを指示されたり、命令されたりせずに、自分の意志で行動したいという根源的欲求です。

ですから、あなたが「◯◯してよ」または「◯◯しなさい」と逐一言うことは、相手の自主性・自律性を尊重できていない態度だといえるのです。

ここで自分のことを正直に話すと、私は主人に対しては小言めいたことを一切言わずにいられるのですが、子どもに対してはつい余計な一言が出てしまいます。

主人に対して小言が出ないのは、彼のことを同等の人間(パートナー)として尊重しているからに他なりません。

では、なぜそれが娘に対してはできないのか?

よく考えてみると、それには2つの理由があります。

ひとつは、自分が受けたしつけ&教育と同じ作法で、娘に接している部分がまだあること。

二つ目は、私の中に

「娘はまだ子どもで良い判断ができない。だから、彼女の(思考判断が)足りないところは、私が気をつけて注意してあげなければいけない。。。」

という思いがあるからなのです。

けれども、これは一種の思いあがりでもあります。

そうして、私が余計なことを言うことで、当然ながら娘の反発を受けます。。。

本来ならばそこで自分の行動を反省するべきなのに(汗)、「なぜ私の娘はもっと素直に『はい』と言えないんだろう?」と勝手に腹が立ち、また娘に対して小言を言うという悪循環に陥ってしまいがちです。

そんなことを主人に話していたら、彼が

「相手のことをもっと信頼して、
“wait and see” (待って様子を見てみる)というアプローチをとったらいいよ」とアドバイスをしてくれました。

それは相手の中に備わった「何が正しくて、何が悪いことか」という潜在的な智恵を信頼して、相手が自分で判断して行動する猶予を与える。。。ということに他なりません。

「相手を信頼して待つ」ということは 、自分のペースではなく、相手が自分なりのペースで判断&行動することを待って受け入れるということ。

その「待つ」という行為自体は、私たちに忍耐を要求します。

なぜなら、それはこれまでの「相手を(自分の)思い通りに動かそう」とする習慣を変えていくことだからです。

自分の期待通りに相手を動かすのではなく、”wait and see”で相手を信頼して待つ。

それは、相手の自主性&自律性を尊重するだけでなく、相手と長期的なよい関係を築いていく上で重要なことです。

人との関係は、それが親子関係であれ、恋人関係であれ、夫婦関係であれ、親密であればあるほど、自分を見つめ直す機会を与えてくれます。

“wait and see”というアプローチが、あなたとあなたが大切にする人との関係を、さらに素晴らしいものにしていくことを願っています。

山口まみ拝

追伸、12月17日(日)開催予定の出版記念トークイベントは、男性のご参加も大歓迎です。新刊『あざとかわいい愛され術』は基本的に女性を対象に書いてはいますが、男性にもぜひ読んでいただきたい1冊です。パートナーと共に、本書の内容をシェアすることで、それぞれがお互いに対する理解と思いやりを深めることは間違いありませんから!トークイベントはほぼ定員に達していますが、まだ若干名空きがあります。パートナー同伴で参加されたい方は、ぜひお早めにお申し込みくださいね。

お申し込みはこちらからどうぞ!

無料eBook: 心理学博士が贈る7つの幸せレシピ

あなたは、これまでこんな風に感じたことはありませんか?

「今のままで、そこそこの生活を送っているけれど、何か物足りない」
「朝起きるのが待ち遠しくなるほど最高に幸せとは言いきれない」
「もっと豊かで楽しい人生を送りたい」

あなたの答えが「Yes」なら、このeBookが役にたつはずです。

ポジティブ心理学の研究をベースに
あなたの人生を変える「幸せの習慣」について解説しています。

『心理学博士があなたに贈る7つの幸せレシピ』

  • レシピ#1 社交家になる

  • レシピ#2 イメージング

  • レシピ#3 ツイてる人になるには

  • レシピ#4 自己重要感

  • レシピ#5 謙虚さ素直さ

  • レシピ#6 ワクワクを育てる

  • レシピ#7 あなたが生きているのは誰のため

  • おわりに


  • こちらにご紹介した7つの幸せレシピは、無数にある幸せのエッセンスから、
    すぐにでも実践できることを選んで書き上げました。

    どれも一見シンプルですが、継続して実践すれば
    確実にあなたの人生を好転させていきます。

    あなたの人生が喜び溢れるものでありますように!
    May your life be filled with joy and happiness!



    eBookをダウンロード