自分を大切にすることで生まれるもの

larisa-birta-102093

皆さん、こんにちは。
ポジティブ心理学博士 山口まみです。

前回のメールレターにて、
「自分自身とつながることの大切さ」
についてお話しました。

今回はそれに引き続き、
「自分を大切にする」ことについて、
さらに掘り下げていきたいと思います。

自分を大切にするとは、裏を返せば
「他人を喜ばせることばかりに集中しない」
ということです。

「相手を喜ばせたい」
「人に好かれたい」という気持ちは、
誰しもが持っているものです。

この傾向は特に女性に多く、
気づけば。。。

「他人のことばかり優先してきて、
自分の本心がよく分からなく
なってしまった」

ということが起こったりします。

そればかりでなく、残念なことに
結果として相手との
『不調和』
生まれることになります。

ここで、素朴な疑問が生まれますよね。。。

相手を喜ばせようとしているのに、
なぜ「不調和」が起こってしまうのか?

そこで想像していただきたいのが、
オーケストラです。

彼らのハーモニー(調和)が美しいのは、
演奏者それぞれが自信をもって、
自分の音を奏でているからです。

演奏者が、他の演奏者ばかりを気にして、
相手の音に自分を合わせようと躍起にすると、
逆に演奏が乱れ、不調和が起きてしまいます。

人間関係も全く同じです。

まずは自分のことを大切にして、
(自分の内面と調和した上で)
「いい気持ち」でもって相手に向き合う。

相手に好かれることを優先するのではなく、
まず自分の考えや思いを大切にして、
自分らしくあることを優先する。

そうすると自然に、自分の中に心地よい
エネルギーが流れていくようになります。

そんなエネルギーに引き寄せられる人達が
あなたの周りに次第に集まり、
気持ちのよい関係を築くことができます。

『内の如く、外も然り』

自分を大切にすることで、
本来の自分と調和し、
高いエネルギーでもって
生きていく。

これこそ幸せな人生を
生きるための秘訣ではないかと、
私は思います。

良好な人間関係の築き方については、
こちらの動画でもお話しています。

ご興味ある方は、
ぜひこちらもご覧くださいね。

【本物の人間関係を築くために】

*子育て中のお母さん&お父さんには
特に見ていただきたい動画はこちらです!
↓↓↓
【脳のからくりを使って人間関係をよくするコツ】

ではまた次回お会いしましょう!

ポジティブ心理学博士
山口まみ