笑うから幸福なのだ!

こんにちは、ポジティブ心理学博士の山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
「平均的な4歳児は1日に300回笑うけれども、平均的な大人は1日15回しか笑わない」という節をある本の中で見つけました。
我が家にも4歳児がいるので、これは事実として実感できます。

(Photo by Rumi Yamaguchi)

そんな4歳児が家にいるおかげで、周りの大人達の笑いの数も確実に増えています。
なぜなら、皆さんも経験上ご存知の通り、笑いは見事に伝染するからです。
逆に言えば、あなたが職場や学校において、笑いを周りに普及させる4歳児の務めを果たすことも可能なのです!
逆境においても、ユーモアのセンスを持つことがいかにその人のレジリエンス(逆境を跳ね返す力)と関連しているかということも分かっています。
私たち大人は過去を思い煩い、想像上にしか存在しない未来を心配することに時間を費やしすぎる傾向にあります。
「今」という実在する唯一の時間に焦点を当てれば、あなたの大半の不安、心配、イライラといったネガティブな感情は消失します。
そんなことは信じられない?
それなら実験をしてみましょう。
「今」というこの瞬間に意識をフォーカスしてください。
過去や未来を一切考えずに、「今、ここ」にだけ注意関心が注がれている状態で、あなたはどんな気持ちを今抱いていますか?
それはいたってニュートラルなものではありませんか?
心が浮き立ち踊り出したくなるほどの喜びは感じていないかもしれませんが、自分の心を海底に沈めてしまうような暗い気持ちも感じていないはずです。
あなたが今感じているのは、「良くもなく悪くもない」という極めて中庸な気持ちなのではないかと思います。

それは、どちらかといえば「とらわれない」という言葉に象徴される無の境地に近いのかもしれません。
あなたが笑っているとき、あなたの意識は自動的に、そして完全に「今」にあります。
そして笑いを通じて、あなたの心身はエネルギーで満たされ、インスピレーションを感じ、創造力を発揮する土壌が整います。
笑いには病気を克服する力があるとして、医療の現場でも「笑い」を正式な治療法として使っているところもあるそうです。
こうして、私たちの健康、能力、人間関係、全てを改良してくれる「笑い」を私たちはもっと大切にしていくべきです。
「笑い」を日常に取り入れる最も手っ取り早い方法は、小さい子供達と共に開放的な時間を過ごすことです。
それが出来なければ、ユーモアの効いた本や漫画を読んだり、コメディ映画を観たりすることもオススメです。
どんな方法であれ、「笑い」の大切さを認識し、笑えることに感謝することが、新しい人生の扉を開いてくれることは間違いありません。
最後にアランの幸福論からの一節を皆さんに贈ります。
「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ。」
山口まみ 拝
追伸、気づけば今年もすでにゴールデンウィークに突入していましたね。まだ朝晩は寒いときもありますが、GW期間中、自然の豊かなところでキャンプが出来たらなと考えています。テントの中で寝袋に寝ることを考えるだけでワクワクするのは、私の頭も4歳児並ということかもしれません(笑)

(Photo by Rumi Yamaguchi)
★心理学博士が教えるHappyカフェセミナー in 熊本★
【2014年 5月】
『あなたの中にある復活力と勇気を取り戻す「レジリエンス」トレーニング』
 ~強くしなやかな心があなたの最強の武器になる~
夜の部  5月25日(日)10:30~
夜の部  5月28日(水)18:30~ 
場所:Private Lodge cafe&diner (熊本市中央区上林町3-33 2F)
申込:096-323-3551 (Private Lodge cafe&diner)
セミナーの詳細はこちらからご覧いただけます。
【出張講座・研修・講演のご依頼】
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit