自分を大事にするって、どういうこと?

先日、ポジティブマインドコミュニティのメンバーから以下のような素晴らしい質問を受けました。

皆さんの中にも同じような疑問を抱えている方がいるかと思いますので、こちらで回答をシェアしたいと思います。

===============================

最近、家族や友人から「自分を大事に」「自分に集中」という言葉を、何度となく言われます。

気をつけようとすると、自分の言動にストップがかかったり、自分に集中してないから単なるお節介なメールを友達に送ったのかもしれない!っと思ったりして、スゴく窮屈です。

ヒトツ・ヒトツの言動を考えすぎるようになって、今のはダメだよね?!自分を大事に出来てないよね?って、自分でダメ出しのジャッジを下すようになりました。

しかし、私の仕事の両立が長続きできるように周りからアドバイスをしてくれていることなので、私も直したいと思っているのですが、考えすぎて自分の言動に自信を持つことがますます難しく右往左往しています。

どのようなことを心がければ良い方向に改善できるのでしょうか?教えてください。

===============================

「自分を大事に」。。。

一般的に人が「自分をもっと大事にしなさい」というアドバイスを誰かに送るときは、疲労やストレスを溜め込まないようにしなさいという意味合いが込められていると思います。

確かにそれも大事なことなのですが、私が考える「自分を大切にする」は、少しそれとは異なります。

自分を大事にするとは、何より
「自分の気持ちがいい状態であることを大切にする」ことです。

そのためには、気持ちを生み出す思考そのものを整えることを、意識して行わなくてはなりません。

それが、私にとっては日々の瞑想や心に栄養を与えてくれる読書の時間を確保することに繋がっています。

もちろん、心と体は繋がっているので、体が疲れている時は昼寝、逆に長時間座りっぱなしでいるときなどは散歩やエクササイズの機会を自分に与えることが必要だったりもします。

また、栄養ある食材を選んで料理して、それを大好きな人たちと一緒にゆっくり楽しみながら食することも、「自分を大事に」することです。

こうして「自分を大事にする」方法はいくらでもありますが、要は、自分の気持ちができるだけ「いい状態」でいられるように意識して努めること。。。

それが私が思う「自分を大事に」することです。

それから「自分に集中する」とは、実のところバランスがとても大切です。

なぜなら、鬱や不安症といった現代のメンタル疾患の原因の一端は、「自分に集中」しすぎる個人主義の社会と、それが生み出した孤独感&孤立感にあるからです。

ただ逆に、周りの人の期待や欲求に応えることばかりに意識を向ければ、それはストレスにつながり、心のバランスを欠くことにつながります。

そして、私たちは往々にして、家族や友人といった本当に大切な人たちよりも、赤の他人の評価を気にして行動することがあるので、ここにも注意が必要です。

皆さんに覚えておいて欲しいのは、自分の幸せと自分を囲む人たちの幸せは密接に繋がっているということです。

私たちは生まれながらにして、人とのつながりや絆を希求する生き物です。

なので、その絆が存在しなければ、どれだけ「自分を大事に」しても「自分に集中」しても、望むような幸せを感じることはできません。

自分の人生を大切にしたいと願うならば、心のバランスを欠くことなしに、あなたを取り囲む人たちをどれだけ笑顔にできるかを考えるといいでしょう。

あなたの周りが笑顔でいっぱいになるとき、あなた自身も最高の幸せを感じて笑顔になっているはずです。

私たちは、自分一人では決して幸せになれない。

自分を囲む人たちを愛しみ、彼らとの絆を大事にするとき、あなたは自分自身も大事にしている。。。

そのことを忘れないようにしてくださいね。

山口まみ拝


山口まみの講座やワークショップに興味があるけれど、いきなりコース受講は敷居が高い。。。

そんな方には、こちらのHappyカフェセミナー(単発オンライン講座)がおすすめです。

夢を実現する方法やポジティブ感情の活用法など、今すぐ実践できる内容をお届けしています。

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

Th ebook%e8%a1%a8%e7%b4%99%e7%94%bb%e5%83%8f

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit