恐れの正体

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。
当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
何のために私たちは生まれてきたのか?
この問いに対する答えは、そう簡単には見つからないものです。

しかし、その答えの1つとして、「私たちはこの世で様々な経験をするために生まれてきた」というのが、いつも私の頭に浮かぶ考えです。

(Photos by Rumi Yamaguchi)

生身の体を持つということは、五感を通じて様々な体験が出来ることを意味します。
それは時には辛く時には幸せで、時には切なく時には楽しく、いずれにしても多様な感情を喚起され、人生に彩りをもたらしてくれるものです。
だからこそ、私たちは常に新しい体験を求め、何か面白いことはないかとアンテナを張り巡らせているのではないかと思います。
でも、それと同時に新しい体験やそれに伴う変化を恐れる気持ちがあるのも事実です。
見えないものに対する恐れ、先が読めないことに対する恐れ、自分の安全が保証されていないことへの恐れ。
何か新しいことへ飛び込むことを決断する際に、自分が直面するであろう変化を考えれば考えるほど様々な恐れが湧いてきたりします。
でも、この恐れの正体は、「恐れを引き起こす自分の思考を深刻に受け止める習慣的な考え方」から来ているものです。

その思考のあり方に気づいていないと、考えも気持ちもどんどんネガティブスパイラルにはまって落ちていくものです。
そして、気分が落ち込んだ時に浮かんでくるのはネガティブな思考と相場が決まっています。
だから、そんな時は、自分が直面している問題を、しばらく棚上げすることです。
しばらくはその問題自体を考えることをやめ、自分の心の状態が元の「いい気分」になるのを待つのです。
そうして「いい気分」が戻ってくれば、私たちの中に元々備わっている知恵や良識が自然と働きだします。
恐れの正体を知り、それへの対処法を知ることで、私たちはさらにバラエティ豊かな体験を自分の人生に取り込んでいくことが出来ます。
Fear(恐れ、不安)はFantasized Expectations Appearing Real(想像した期待が現実のようにみえること)だと言われます。
つまり、ネガティブな想像を頭の中で考え、展開し、それを現実だと思い込むところに恐れが生まれるということです。

あなたが恐れに捕われて身動きできないように感じるときは、ぜひ上記の定義を思い出していただきたいなと思います。
そして、自分に対する大切な質問も。。。
「私は何のためにこの世に生まれてきたのだろうか?」
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!
山口 まみ 拝
追伸、
4/26(日)から夢を叶えるマインド講座(3回シリーズ)がスタートします。「心の働き」をきちんと理解することで、自分が心から望む人生を創り上げていくための講座です。お申し込み今ならギリギリセーフ間に合います(笑)!講座の詳細はこちらからご覧いただけます。

(Photos by Rumi Yamaguchi)
新刊『隠れネガティブを解消する本: あと一歩、踏み出せる自分に変わる』(三笠書房)
全国書店&アマゾンにて好評発売中!
★☆心理学博士が教える幸せマインド育成コース(2015)★☆
~マインドの力を育成し、最幸の人生を創造する~
<後期>(4月~6月、全3回)
C: あなたの夢を叶えるミラクルマインド講座
D: もう対人関係で悩まないコミュニケーション講座
☆★今度こそ絶対英語をマスターしたいあなたへ:『英語コーチング』講座★☆
~出身国30カ国1000人以上の生徒に教えてきたネイティブ講師と心理学博士のメンタルコーチが教える「画期的英語学習法」~
2015年4月4日(土)10:00-12:00
☆★☆講演、執筆、セミナーのご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit