運のいい人は即決、即断、即行のできる人

みなさん、こんんちは。
ポジティブライフコーチ・心理学博士の山口まみです。

今日のテーマは「運/ツキ」です。
運は、たまたま身の上に降り掛かってくるもので、ツイてるツいてないというのは人間のコントロール外だと思っていませんか?
確かに運の中にも色々あって人を選ばない、それこそ突然身の上にふりかかってくるものや、ある土地に定着している運というのは存在します。
しかし、大半の運というのは、人がその鍵を握っているのです。
そしてツキ/運という波は、常に色々な形でもって私たちの間の前を通りすぎています。
それを察知して、ぱっとつかめるかどうか、これはその人の感性の鋭さにかかっているのです。
鈍感でいては運はつかめません。
そして重要なのが、運がめぐってきたときに迷わないこと。
ぱっとその場で判断して、それを掴むという行動に出れるか否か。。。

ここで判断の基準になるのは、あなたの直感です。
直感とか第6感とか説明のつかないものだから、信ずるに足らないとあなたが思っていたら大間違いです。
直感というのは私たちが先祖代々受け就いできた野生のカンです。
これは瞬時にして物事を総合的に感覚で捉え、頭がつべこべ理屈を言う前に、正しい答えを私たちに提示してくれるのです。
私もこの野生のカンにしたがって行動したおかげで痛い目、辛い目に合わずにすんだことがありました。あのとき、自分の直感をないがしろにしていたらと思うと今でもぞっとしてしまいます。
それでも人はも迷うときがありますよね。
そんな時は、気持ちが明るく、すっきりする方を選ぶことです。
気持ちがもやもやするというのは、あなたの感性がその選択は間違っているよと教えてくれているのです。
でもそれより何より、即決、即断、即行の出来る人になること。
そのために感性を磨くこと。心がすっきりして気持ちがいいという状態を知っておくこと。

これに尽きると思います。
じゃ、感性を磨くにはどうすればいい?
それは自然の中に身をおくことです。
自然のものに触れ、自分の中にもともとある感性、野生のカンをよびおこしていく。
現代に生きる私たちには、これを意識して行うことが「運のいい人」になるには不可欠です。
$心理学博士が届ける幸せの魔法