あなたにとって勇気とは何ですか?

28928301_1646512225446354_296597352_o

こんにちは、ポジティブ心理学博士の山口まみです。

いきなりですが、質問です!(笑)

皆さんにとって、「勇気」とは何ですか?

今日は、ちょっと長くなりますが、「勇気とは何か」を行動で示してくれた娘のエピソードをお話します。

先日、娘が友達の家を訪ねたときのことです。

そこである子どもから「サチちゃん、何で来たの?」と言われたと、泣いて戻ってきました。

娘は、相手が自分を仲間はずれにしようとしている意図を汲み取って、傷ついたのです。

私も子どもの頃に仲間はずれの経験があるので、彼女の気持ちが痛いほど分かりました。

「それは辛かったね。悲しかったね」と共感すると、娘の気持ちは少し落ち着いたようでした。

それから彼女は一人で遊び始め、元々の明るさを取り戻しました。

それでも、夜寝るときには、「今日は悲しかった」と寂しそうにつぶやきます。

そこで、「本当の友達とはどういうものか?」「なぜ人は意地悪をするのか?」ということについて話し合いました。

そこで話したのは、以下のようなことでした。

本当の友達は、相手をわざと悲しませたり、傷つけるようなことはしないこと。

意地悪をするのは、本人の心の中がすごく不幸せで、その気持ちをどうにかしたいからだということ。

でも、その意地悪で胸がスカッとすることはなく、結局、本人も嫌な気持ちになること。

人に対して行った意地悪の結果は、結局、本人に何らかの形で跳ね返ってくること。

そして、娘に「さちはどんなお友達が欲しい?」と尋ねると、

「ママみたいに悩みごとを聞いてくれて、相談にのってくれる優しい人」と答えました(嬉しい答えですね〜、笑)。

そこで、「じゃ、サッちゃん自身も、そういうお友達になれるといいね」という話をして床につきました。

そして翌日、学校から帰るとすぐに娘が

「今日ね、学校で『勇気』について習ったよ。だから、サチも『勇気』を出して◯◯ちゃん(昨日、意地悪をされた相手)のところに行ってみる。そして、何か悩み事がないか聞いてみる」というのです。

私は一瞬「また娘が嫌な気持ちを味わうのではないか」とためらいました。

しかし、ここで痛い思いをするならば、それも彼女の大事な経験だ。。。と思い直し、黙って送り出しました。

暫くしたら、娘がその相手と連れ立って、我が家に戻ってきました。

そして、私の耳にそっと「ママ、もう友達だって!」とささやきます。

私はただひたすら、娘の勇気に感嘆せざるを得ませんでした。

自分に嫌な思いをさせた相手のことを避けるのではなく、正面から向かっていく。

それはとても勇気のいることです。

相手から拒絶される不安や恐れを乗り越えられた彼女に、「偉かったね!」と心から拍手を送りたいと思ったのです。

それと同時に、「彼女のような勇気をもって、私も毎日を生きていかなくては!」という気持ちにさせられました。

最後に皆さんにも、ネルソン・マンデラが残した「勇気」についての言葉を贈ります。

I learned that courage was not the absence of fear, but the triumph over it. The brave man is not he who does not feel afraid, but he who conquers that fear.

勇気とは恐れないことではなく、それに打ち勝つことだと分かった。勇者とは恐れを感じない者ではなく、それを克服する人間のことを指す。

勇気ある人生を!

山口まみ拝

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/officemuse/officemuse.info/public_html/wp/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 312