結婚は妥協!

こんにちは、ポジティブ心理学博士の山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
先日、ある人に「結婚を一言で表すと何ですか?」と質問されました。
そこですかさず「結婚は妥協です!」と答えて笑われてしまいました。
そこで、私が「結婚は妥協です」といった真意を誤解されないためにも、ここにもその理由を記しておこうと想います。
私たちは自分の配偶者に対して、「こうあって欲しい」「こう振る舞って欲しい」「私をこんな風に扱って欲しい」という様々な願望を持っています。
それは、その強度に差こそあれ、「相手はこうあらねばならない」という一種の「こだわり」の表れでもあります。
「理想の男性は?」と聞かれて、無数の項目をリストアップできる人は、それだけ強いこだわりを相手に対してもっているということです。
この「こだわり」が強いと、相手の良さよりも、期待を裏切る悪い面ばかりが目につくようになります。
例えば、相手の思いやりやユーモアのセンスに感謝するのではなく、優柔不断でだらしない面に苛立を覚えたりするのです。
自分で言うのも何ですが、私は結婚するまで大変な綺麗好きでした。
1人暮らしの部屋は、通常狭い部屋に生活必需品(電化製品や家具など)を置くため、どうしても物に溢れたような部屋になるというイメージがあるかもしれません。
でも、私が東京で一人暮らしをしていた頃の部屋は、ニュージーランドで暮らした家のバスルームほどしかない狭さだったにも関わらず、物がほとんどなくスッキリとしていて、部屋を訪れた人をよく驚かせました。
そして、そんな物を極力持たないシンプルな生活と、埃1つない綺麗な部屋を誇りに思っていたのです。
ところが、その潔癖主義を貫くことは結婚した途端に不可能なものとなりました。
なぜなら、私のパートナーが片付けを苦手とする上、物を溜め込む人だったからです!
床を棚代わりにして書類や洋服などを乱雑に放置する主人の癖に、最初は頭の血管がぶち切れるかと思いました(笑)。
けれども、私が前と変わらぬ潔癖性を維持して、それを家庭に持ち込んだら、私と主人の関係はそれこそ下り坂を急ピッチで転がるように悪化していくことは目に見えていました。
そこで、私は自分のこだわりを捨て、代わりに大きなバスケットを購入しました。
そして、その中に床に散らばった主人の私物をかき集めて入れるようにして、後は極力見ないように努めたのです。
もちろん、部屋を綺麗にすること以外にも、妥協を迫られる事柄は他にも続々とで出てきました。
最初は自分の「こだわり」を手放すということは容易ではありませんでしたが、結婚生活を続けていく内に、「本当に大切なことは何か?」ということに考えがいくようになりました。
そうすると、不思議と「妥協する」ことがそれほど苦にならなくなりました。
そうして、お互いに「目をつぶれるところはつぶる」という「相手への寛容」を尊重してやってきたからこそ、こうして結婚生活が14年間無事に続いているのだと思います。

Photo by Akihiro Arima

誰でも、自分を批判、非難されるのは嫌な気持ちがするものです。
それがたとえ小さな行動の変化を促されるものであっても、自分の生来の気質と合致しないものであれば、自然に出来ることではなく無理が生じてきます。
結婚は、「ありのままの自分でいられる」心のスペースと安心感を互いに与え合うことが何より大切なのだと思います。
「これが実現できなかったら死んでしまうか?」という基準で物事を測ると、大抵のことは大目に見れるようになるものです。

人間関係はお互い様です。
相手に自分の理想や「こだわり」を押し付けて完璧を求めると、相手もあなたにそれを強要してくるようになります。
逆に、自分の「こだわり」を手放し、相手に「ありのままの自分」でいられるスペースを与えると、相手もあなたに自由と解放を与えてくれるようになります。
風通しのいい気持ち良い結婚生活を送るためにも、「死ぬほど重要でないこだわり」はさっさと捨てさるようにしましょう。
そして、あなたが小言を一切やめた後に起こる夫婦関係の劇的かつポジティブな変化を楽しんでください。
あなたの結婚生活が、笑いと喜び溢れる幸せなものでありますように!
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう。
山口まみ 拝
追伸、
私のパートナーはクリエイティブな人だということもあり、時に突拍子もないことを思いついたり提案してきたりします。でも、その破天荒な彼のお陰で、私もニュージーランド縦断歩き旅や日本縦断自転車の旅、真夜中からスタートするハーフ(主人はフル)マラソン完走や24時間150キロ徒歩レースのサポートといった、自分1人では決して出来なかった体験をさせてもらいました。今後も何が飛び出すのか分からない主人ですが、彼のお陰でバラエティに富んだ経験をさせてもらっていることに感謝しています。

★心理学博士が教えるHappyカフェセミナー in 熊本★
【2014年 5月】
『あなたの中にある復活力と勇気を取り戻す「レジリエンス」トレーニング』
 ~強くしなやかな心があなたの最強の武器になる~
夜の部  5月25日(日)10:30~
夜の部  5月28日(水)18:30~ 
場所:Private Lodge cafe&diner (熊本市中央区上林町3-33 2F)
申込:096-323-3551 (Private Lodge cafe&diner)
セミナーの詳細はこちらからご覧いただけます。
★☆プロのネイティブ講師による朝活英語コーチング★☆
~朝活英語コーチングお試しセッションのお知らせ~
①5月14日(水)午前6時半~8時
②5月26日(月)午前6時半~8時
英語コーチングの詳細はこちらからご覧いただけます。
☆★☆出張講座・研修・講演のご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit