感謝〜子供の日にちなんで〜

みなさん、こんにちは。
心理学博士の山口まみです。
ゴールデンウィークに入っている祝日の1日、5月5日は
みなさんご存知のように「子供の日」ですよね。
我が家ではうちの母が菖蒲の葉を買ってきてくれて、
それを屋根の上に主人があげてくれました。
去年は菖蒲湯も楽しんだのですが、それで母の腕の
皮膚がまけてしまったので、今年は菖蒲湯は
断念しました(笑)。

$心理学博士が届ける幸せの魔法

子供に悪い気がつくのを防ぎ、無病息災を願って
行われる、この昔からのならわし。
昔は子供が3歳まで丈夫に育つのが厳しかった時代が
あったのだろうと、今の恵まれた時代に生まれ、かつ、
病気一つしない健康で元気な子供を授かったことに
感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。
何気に暮らしている毎日ですが、想いを馳せれば
感謝するべきことが山のようにありますね。
感謝の気持ちは実は「愛」を生み出す源でもある
のです。心の中に「愛」が足りないと感じる時、
自分がおかれた状況を客観的に見て、
「今、感謝したいことリスト」を5個でもいいから
書いてみてください。

リストを書く前のあなたとは随分違った心を持つ
あなたがいるはずです。
これは1日の終わりにやるのも、心をレセットする意味で
とても効果的ですよ。なぜなら、それは感謝の気持ち
という心のフレームで、自分が過ごした1日を振り返る
ことにつながるからです。

幸せな毎日を過ごすのか、憂鬱な毎日を過ごすのか。
幸せな人は、実はこんな簡単なことをあなたの知らない
ところで、きちんと日常の生活に取り入れているだけ
かもしれません。
人生、知ったもの勝ち、学んだもの勝ち、
やったもの勝ちです!


自分と宇宙のつながりを知り、より幸せな生き方を希望される方は、こちらをご覧ください。

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit