言葉だけでない心のつながり

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は言葉と心というテーマで考えてみたいと思います。
私が「活字の力」を考えるようになったのは高校生の時でした。
人の心を揺さぶる力を持っている言葉に、若かりし私の心は大いに惹かれたものです。
でも、こうして活字を使った仕事をするようになってから思うのは、「活字の力」というのは言葉自体の力というようりは、それを発する人の心にあるということです。
どれだけ並べたてられても、そこに気持ちがこもっていなければ全く響かない言葉もあれば、たった一言でも腹にズシンと響く言葉もあります。
言葉はあくまで人の気持ちや考えを示すための「シンボル」にしか過ぎません。
それ自体が本物ではない代替のため、言葉だけのやりとりには誤解やすれ違いが生じる可能性が常について回ります。
ですから、言葉に全てを頼りきることは危険だとも言えるでしょう。
今は対面ではない字面を追うだけのコミュニケーションが増えてきています。
そんな中、言葉のやりとりだけで、本物の関係を結ぶことは非常に困難なものであることを、私たちは自覚しておく必要があると思います。
「遠くの親類より近くの他人」という言葉にもあるように、やはり身近で様々な時間を共有できる人たちの存在があるか否かは、個人の幸せに大きな影響をもたらします。
心理学の研究でも、幸せな人の特徴として「社会的ネットワークや人との深いつながり」を持っていることが分かっています。
「遠くにいる人たちとはテクノロジーを駆使してつながりを維持し、近くにいる人たちとは出来るだけ生の共有時間を持つ」というバランスが重要です。
カフェやレストランで楽しい時間を共に過ごしているはずのカップルや友人たちが、全員それぞれのスマホ画面に釘付けになっているのは何とももったいないですよね。
「言葉だけでない心のつながり」
SNSなどのテクノロジーが発達し、不特定多数の人とつながっているような錯覚を覚えがちな時代だからこそ、「触れ合う距離」で自分のあるがままを表現し、相手のそれも受け止め合える家族、友人、仲間といったものを大切にしていきたいものですね。
まずは一番身近な配偶者、恋人、親友、子供、家族としっかり繋がることからスタートするとしましょうか。
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!
山口 まみ拝
追伸、
こんな冬でも私たち家族は変わらずサイクリングを楽しんでいます。大人の自転車と子供用自転車をつなぐパイプ(Trail Gator)なるものを購入してからは、親子3人でサイクリングできる場所が増えました(距離は伸びていませんが、笑)。先日はそんなサイクリング中に素敵なパン屋さんを見つけました。これからもどんな発見があるのか楽しみです!

★☆最幸の結婚生活を実現するパートナーシップ講座第3期生申込スタート★☆
*遠隔にお住まいの方は音声受講が可能です
★☆強運&引き寄せの法則マスター講座お申し込み受付中★☆
2016年1月31日(日)10:00-15:00
場所:起業家交流サロン「新生ラボ」
 
★☆「なりたい自分を実現する」個別セッション★☆
あなたの中にある無限の心の力。
個別セッションでは、心の働き方と使い方を、ご本人の課題に照らし合わせて、山口まみとマンツーマンで徹底的に学ぶことが出来ます。
本来のあなたが持つ心の力を自分の味方につけて、最高(幸)の人生を着実にクリエイトしていくためのセッションです。
*遠隔にお住まいの方はスカイプ、またはお電話でのセッションが可能です
☆★☆講演、執筆、セミナーのご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit