夫婦は依存し合える関係

こんにちは、ポジティブ心理学博士 山口まみです。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

児童精神科医の佐々木正美先生のコラムで、「夫婦は依存し合える関係」という節を読みました。

それまで私は、「自立した人間同士が夫婦になるべきで、『依存する関係』なんてとんでもない」と思っていましたが、佐々木先生にのコラムを読み進める内に、その考えが少し変わってきました。

というのも、人は誰しも自分1人では生きていけず、程度の差こそあれ、何らかの形で他人に依存して生きていることを、改めて認識するに至ったからです。

その中でも、夫婦関係というのは、佐々木先生の言われるように「非常に深く依存し合う関係」です。


また、そうして深く依存し合えるということが、健康な夫婦関係の証ともいえます。

夫婦は運命共同体のようなもので、片方に何か起これば、もう片方も大きな影響を受けます。

病気、事故、天災、失業などの非常事態が起こった場合に、知人友人を頼ることは気が引けます。

実にそんな時こそ、配偶者は一番頼もしい、頼りがいのある存在であるはずです。

そんな場合に、逆に頼れない関係であれば、その夫婦関係は健全でないと言えるでしょう。

ただ、そんな「依存関係」においても、1つ相手に依存してはいけない部分があります。

それは、「自分の幸せ」です。

「あなたが私の思う通りに振る舞ったり、期待通りに行動してくれたら、私は幸せになる」という考えは、夫婦関係の溝を深くすることはあっても、絆を深めることは決してありません。

人は、その点においては自立して自己責任を負うべきだと思います。
「私の幸せは私(の心)次第」

そうした自立心を持てている人であれば、いざというときに深く依存し合える健全な夫婦関係を持てることは間違いありません。

赤の他人同士が結ばれ合い、深い相互依存の関係を築いていく夫婦関係。

そこには成長、喜び、安らぎという沢山の宝が眠っていると感じるのですが、あなたはいかがでしょうか?

それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!

山口 まみ拝

追伸、ご縁があって結ばれる夫婦ですが、実際の結婚生活においては様々な問題が浮上します。その問題は、往々にして男女の脳や心の働きの違いを十分に理解していないことから生まれるものです。
来月開講する「最幸の結婚生活を実現するパートナーシップ講座」では、そうした理解を深めることで、笑いの絶えない幸せな夫婦関係を築くための秘訣を伝授します。

最幸の結婚生活を実現するパートナーシップ講座
2015年10月14日開講
*遠隔にお住まいの方は音声受講が可能です
★☆心理学博士が教える幸せマインド育成コース(2015)★☆
~マインドの力を育成し、最幸の人生を創造する~
<後期>(10月~12月、全3回)
C: 人間関係を劇的に変えるポジティブマインド講座
D: あなたの夢を叶える「魔法」を手にするミラクルマインド講座
*遠隔にお住まいの方は音声受講が可能です
★☆「なりたい自分を実現する」個別セッション★☆
あなたの中にある無限の心の力。
個別セッションでは、心の働き方と使い方を、ご本人の課題に照らし合わせて、山口まみとマンツーマンで徹底的に学ぶことが出来ます。
本来のあなたが持つ心の力を自分の味方につけて、最高(幸)の人生を着実にクリエイトしていくためのセッションです。
*遠隔にお住まいの方はスカイプ、またはお電話でのセッションが可能です
☆★☆講演、執筆、セミナーのご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit