感情のバランス能力を養えば

こんにちは、ポジティブ心理学博士の山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
人間の感情って本当に厄介なものだと思うときがあります。
頭では分かっていても、どうしてもある感情から抜け出せなかったり
同じ思いがグルグルと頭をめぐって、余計な思考を引き寄せてしまったり
でも、もしかしたら私たち人間は、こうして自分の中で、ある「ドラマ」を作ることで、人生を彩り豊かにしているのかもしれません。

(Photo by Rumi Yamaguchi)

なぜなら、平坦で見晴らしがよく穏やかな道は、確かに安心感はあるけれども、冒険のスリルや興奮という要素には欠けるからです。
幸せにおいても、大事なのは出来事によっては大きく傾いた感情のバランスを、必要に応じて自分で取り戻せるということなのだと思います。
感情は極端にネガティブに傾きすぎても苦しいし、逆にいつもポジティブな状態を維持しようとすると、これまた苦しいものです

もちろん時には「喜怒哀楽のドラマ」も楽しみながら、必要に応じて、基本的には自分が心地よい心理的環境を自分に与えてあげられる能力を持つこと。
そういった感情のバランス能力を養うことが、その人の心の強さに密接につながっているのだと思います。
そのためには、思考と感情のからくりについて、しっかりとした知識を持つことも必要ですし、咄嗟に湧き起こってきた感情をどう取り扱うかというスキルも養うことも必要です。
これは乗馬を考えてみると分かりやすいかもしれません。
馬に馴染みのない方は、馬を目の前にするとどう接していいか分からず、巨体の馬を実際に目の前にすると足がすくんでしまうでしょう。
私もニュージーランドで乗馬を経験したことがありますが、馬の背から見る地上が遥か遠くに感じられ、手綱にしがみつくのに精一杯で、乗馬を楽しむどころではなかったのを覚えています(笑)、
でも、日頃から馬に慣れ親しんでいて、馬の生体、行動の傾向、資質や特徴を理解している人にとって、乗馬は馬と一緒に喜びを共有する体験のはずです。
私たちも自分の感情を、勝手に暴走する暴れ馬としてではなく、調教された馬のごとく扱えるようになれば、人生で味わう喜びと楽しみは、これまでの数倍以上になることは間違いありませんね。
「感情のバランス能力」を養うことも、乗馬の練習のように楽しみながら行っていきましょう!
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!
山口まみ 拝

新刊『隠れネガティブを解消する本: あと一歩、踏み出せる自分に変わる』(三笠書房)
全国書店&アマゾンにて好評発売中!
★☆心理学博士が教える幸せマインド育成コース(2015)★☆
~マインドの力を育成し、最幸の人生を創造する~
<後期>(4月~6月、全3回)
C: あなたの夢を叶えるミラクルマインド講座
D: もう対人関係で悩まないコミュニケーション講座
☆★今度こそ絶対英語をマスターしたいあなたへ:『英語コーチング』講座★☆
~出身国30カ国1000人以上の生徒に教えてきたネイティブ講師と心理学博士のメンタルコーチが教える「画期的英語学習法」~
2015年4月4日(土)10:00-12:00
☆★☆講演、執筆、セミナーのご依頼☆★☆
過去に実施したテーマについてはこちらからご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください
turningpoint.jp@gmail.com
090-3739-3992 (山口)

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit