プロのネイティブ講師が教えるEnglish Brush-upスペシャル講座

こんにちは、ポジティブ心理学博士の山口まみです。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
先日、「プロのネイティブ講師が教えるEnglish Brush-upスペシャル講座」を実施しました。
講義でカバーした内容は日本人が間違えやすい発音、文法の捉え方、英会話スキル、言語習得の秘訣、効果的学習法についてでした。

今回は、発音と文法について講義でお話したことをシェアしたいと思います。
まずあなたが英語を話している時、発音と文法を間違うことは問題ではありません(書き言葉における文法の間違いはちょっと別になります。)
なぜなら、ネイティブスピーカーであっても、これらを間違うことはあるからです。
とはいっても、あなたの評価が下がるケースも当然存在します。
それはベーシックな間違いが何度も繰り返される場合です。
残念ながら、こうした間違いは本人が自覚していないと化石化 (fossilize) する傾向にあります。

化石化した(しそうな)間違いをなくす手っ取り早い方法は、ネイティブスピーカーの友人や先生に願いして率直に指摘してもらうことです。
周りにネイティブスピーカーがいない場合は、minimal pair practiceというオンラインの発音練習を活用することができます。

発音に関しては、学習する際に絶対やってはいけないことがあります。
それはズバリ、「カタカナ表記を使うこと」です。
なぜならカタカナは英語の発音を正確に表記できません。
そして、間違ったカタカナ表記に頼ると間違った発音を化石化することになります。

辞書を開くと、英単語の横に必ず発音記号が示されています。
発音記号は慣れない時は単なる暗号のようにしか見えないかもしれません。
けれども、単語と共に発音記号も必ずチェックするようにしていくと、すぐに慣れてきます。
ここで、日本人が苦手とする3大発音をご紹介しましょう。
1)apple, happyなどに含まれるアとエの中間のような音[ǽ]
2)station, onion, computerなどに含まれる音[ə]
3)earth, shirt, burnなどに含まれる[ə́ːr]

まずはこの3つをターゲット発音にして練習してみてください。
それだけであなたの発音はグンとよくなるはずです。

それともう1つ大事なことがあります。
それは間違いをおかすことに臆病にならないことです。
言語習得までには25万回の間違いをする必要があると言われています。
言い換えれば、早くこれだけの間違いをした者勝ちなのです!

英語習得は単に英語という言語をマスターすることではありません。
英語を学ぶことは、多文化を知り、自分の世界観、視点、ものの見方、考え方を広げることに繋がります。
自分を大きく成長させてくれる「言語習得」というプロセス自体を大いに楽しんでくださいね。

★心理学博士が教えるHappyカフェセミナー in 熊本★
【2014年 2月】
『新しい自分が輝き出す心理学知的ダイエット』 
変化の6ステージを味方につけてなりたい自分を実現する
昼の部  2月23日(日)10:30~
夜の部  2月26日(水)18:30~ 
場所:Private Lodge cafe&diner (熊本市中央区上林町3-33 2F)
申込:096-323-3551 (Private Lodge cafe&diner)
*セミナー後はマクロビご飯付きの懇親会(無料)にご参加いただけます。
セミナーの詳細はこちらからご覧いただけます。
★プロのネイティブ講師によるEnglish Bursh-up フォローアップ講座 ★
あなたの英語を格段にレベルアップするSpecial Lesson

日時:2014年3月23日(日)9:30~11:30
講座に関する詳細はこちらからご覧いただけます。
場所:熊本県民交流会館パレア

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit