心理学

感情に呑まれない自分でいるために

今でも思い出す光景があります。 それは、5歳くらいの女の子を連れた30代くらいの男性が、マクドナルドのカウンターで大声でわめき散らしている光景です。 どうやらカウンターで長らく待たされたことが原因だったようですが、その男性は恰幅も大きく言葉も荒く、怒り心頭で喚く様にはお […]

続きを読む

10歳の娘との対話「こころへの水やり」

夜眠る前に、娘と話をしていたときのこと。 彼女がぽろっと、「人が色々なことをするのは、幸せになりたいからだよね」と言いました。 10歳の子どもの口から、そんな言葉が出てきたことに感心すると同時に、もうちょっと「幸せ」という概念を掘り下げたくて、私は以下のように言いました […]

続きを読む

あなたの幸福度を高める4つのC

今週末は主人の同僚宅にお邪魔して、手料理ランチをご馳走になってきました。 彼の奥様がスイス人なので、ランチはスイスならではのチーズ料理。 それはRaclette grillと呼ばれるもので、卓上グリルでチーズを焼いて、ゆがいたポテトやパンに乗せて食べるというもの。 ポテ […]

続きを読む

ネガティブな感情の扱い方

先日、コミュニティメンバーのお一人から「ネガティブな感情をどう扱ったらいいですか?」というご質問をいただきました。 まず皆さんに知っておいていただきたいのは、ネガティブな感情は「悪者」ではないということ。 どの感情にしろ、私たちが生き延びるために必要だから、私たちはそれ […]

続きを読む

自分の「痛み」にどう向き合っていますか?

つい昨日のことです。 状況の詳細は省きますが、私の主人が娘に不当な批判をしたときに、彼女がフラストレーションと怒りを含んだ声で、彼が指摘している状況は正しくないと自分の言い分をキッパリと主張しました。 私はそのとき、口答えされた主人の気持ちも(同じ親として)理解できまし […]

続きを読む