物語「モモ」が教えてくれること

【物語「モモ」が教えてくれること】
ポジティブ心理学博士・山口まみによる金曜連載
『あなたが輝くポジティブマインド育成講座』Vol.29
-------------------------------------------------------—-
みなさま、こんにちは。
Office Muse代表、ポジティブ心理学博士の山口まみです。
最近、立て続けに良書に遭遇しています。
何気に手に取った本に没頭してしまい、気づいたら1冊読み終わっていたという体験は、私にとって至福以外の何物でもありません。
みなさんが魂を震わす本に出逢う「きっかけ」を、このブッ活コラムでも生み出せたらいいなと思い、今日もまた本散策を楽しんでいます(笑)。
今日、ご紹介する本は、私の大切なお友達でもあり、ブッ活コラムニストとしても活躍されていた原口咲子さんが、彼女のブログ「熊本フラワーアレンジメント教室 ナチュラルガーデン花saki」でご紹介されていた本です。
著者ミヒャエル・エンデは映画「ネバーエンディング・ストーリー」の原作「はてしない物語」を書いたことでも有名です。
日本語の訳本に掲載されている数々の素敵な挿絵も著者自身の作品だそうです。

-----------------------------------------------------------------—
タイトル:Momo (邦題:モモ)
著者:Michael Ende(ミヒャエル・エンデ)
-----------------------------------------------------------------—-
本のタイトルにもなっている「モモ」は年齢不詳の身寄りのない女の子です。
舞台となっている村に、ある日突然姿を現し、廃墟に1人で住み着くことになります。
村の人々は、彼女がある特殊な能力を持っていることに気づき出します。
モモは大きくて、真っ黒な美しい瞳の持ち主です。
相手が話す時には、その瞳で相手のことを静かに優しく見つめるのです。
そうすると、話している側は、どんなイライラや問題を抱えていようと、頭と気持ちが整理され、今まで見えなかった問題の解決策を自ら見つけていくのです。
(まるでコーチングでよく言われる「傾聴」と「オートクライン」のようですね。)

また子供達も彼女と一緒に遊ぶと、空想&想像の世界がこれまで以上に広がり、心から楽しい時間を過ごせるということに気づきます。
そんな村人達との交流に恵まれた、貧しいながらも心暖まる毎日を送っているモモですが、ある時から異変が起こり出します。
それは「時間泥棒」という闇の軍団が、「もっと早く、もっと効率的に、もっと裕福に」という誘惑に人間達をからめとっていくことが原因でした。
時間を節約し、それを将来の豊かさのためにせっせと「時間銀行」へ預けようと必死になる村人達からは笑顔が消えていきます。
人々は時間に追われ、心の余裕を失い、相手への思いやりや自分らしさを失っていきます。
次第に、物質的な富は手にするものの、実質的な豊かさや人との繋がりは失ってしまします。
それに気づきながらも、「自分にはどうにも出来ない」という無力感を多くの人々が感じるようになります。
ことのあらましに気づいたモモが村人達を救う大冒険に出る話へとストーリーは展開していきますが、続きはぜひ実際の本でお楽しみください。
「モモ」はその物語を通じて、現代の人間の生き様を、私たちにありありと見せてくれます。
「もっと豊かに、もっと幸せに」という富、社会的成功、幸福への願望は多くの人が持つもので、それ自体が悪いわけではありません。
ただ「自分にとって『本物の幸せ』は何なのか」ということをしっかり把握していないと、目的達成のための手段が目的にすり替わるということはよくあることです。
モモはそういう意味でも、人々が陥りやすいトラップ(落とし穴)への警笛を鳴らしてくれています。

心にゆとりがあるということは、他者のことを考える心理的スペースが自分の中にあるということです。
日常に忙殺されて他者のことを顧みれなくなる人生ほど、寂しく侘しいものはありません。
毎日、私たちは時間に追われるような生活を送っています。
それだからこそ、意識的に時間を作り、モモがしたように自分を囲む人々の心の声に耳を傾けようという姿勢が今の私たちに問われているようです。
そういう姿勢を大切にすれば、本当の豊かさや幸せは、遠い未来ではなく身近なところにあったことに気づくかもしれません。

私たち人間は近代化、文明化のための道具ではありません。
それぞれ自由意志をもった個人です。
そんな個人の集合体がコミュニティ、社会、そして国家だとするならば、私たち個人の考え方&感じ方が、それらの集合体に実は大きな影響力を持っていることが分かると思います。
「モモ」は「個人のあり方から国家のあり方」という大きな課題についても考えさせてくれる本です。
いつの時代も大人は子供の視点から気づき&学びを得て、小さい子供達から人生に大切なことを教わるというのは真実のようです。
子供の本と決めつけず(出来る方は子供と一緒に)、ぜひ「モモ」を楽しんでくださいね。
それではまた来週の金曜日にお会いしましょう!
山口 まみ拝
追伸:前述した原口咲子さんのプリザーブドフラワー特別レッスンが4/10(木)に『住まいづくりの出発店ans』流通団地店にて開催されます。豊富な知識と技術だけでなく、素晴らしい感性をお持ちの咲子さんです。お友達をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!

eBook『心理学博士が贈る7つの幸せレシピ』

いつからでも始められる、自分を磨き高める7つのレッスン。幸せのエッセンスが凝縮されたeBookです。

We won't send you spam. Unsubscribe at any time. Powered by ConvertKit